住む。プラスアルファ(趣味・仕事)の家

普通の家じゃ愉しくない。貴方は家でなにをする?

 

家づくりというと、一般的に3LDK4LDKなんて部屋の数と玄関、水周りと階段をパズルにしてそれを組み合わせたまま家が出来上がりますよね。

 

家に帰って、食事して、テレビ見て、風呂に入って寝る。

確かに”暮らす”ってそういう事ですよね。

 

でも奈の町での家づくりは少し違うケースが多いのです。

それは、暮らしだけでなく”プラスアルファ”が多いのです。

 

「ん、“プラスアルファ”ってナニ?」と申しますと・・・

 

プラスアルファというのは、住まいに趣味やこだわり、仕事などのスペースを加えること。

 

例えば何か利用したいと思っていることを伝えると、とりあえず一部屋余分に作っておくからこれを好きに使ってね、というようなレベルではなく、初めからその空間をつくる。

それもこだわるならばプロでさえも唸らせるレベルの空間が可能なのです。

理由は、設計するのが奈の町という建築設計のプロフェッショナルだから。

 

今までに数多くのプラスアルファを手掛けてきました。

    住まい。 +茶室

    住まい。+ロードバイクのトレーニングルーム

    住まい。+音楽室

    住まい。+囲炉裏部屋

    住まい。+薪ストーブ

    住まい。+メンテナンス兼ガレージ

    住まい。+土間 

    住まい。+お菓子作りのキッチン

などがあります。

 

 

 

マニアだって満足する空間を持つ、遊びの住まいを提案

 

 例えば ”住まい。+音楽室”。

石井式リスニングルーム理論を基に本格的なピュアオーディオ空間が出来上がっています。石井式リスニングルームと言うのは、一般家庭におけるオーディオ機器の性能をフルに生かすための室内音響設計のことで、遮音と調音を理論で組み立てられた理論です。もちろんそれ以外も徹底的にこだわっています。

貴方もこの空間に座って聴けば、臨場感と音に包まれることでしょう。

 

こういったケースはかなり特別ですが、こだわりの空間がシンプルであっても困難であったとしても、それはそんなに問題ではありません。 

愉しい住まいはただ”住む”だけではないはず。

 

 

また今後はこんなプラスアルファがあるかもしれませんね。

 

+ショップや +ギャラリー、+スタジオ、+道場、+骨董品収蔵兼展示室、

+地下室、なんてのも愉しそうですし。

 

さあ、貴方は家で何をしますか?

 

 

平成24年4月

浅野勝義/奈の町

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © 2006 - 2012 NANOMACHI All rights reserved.